ガイアチャンネル ロゴ
ベネディクト・ロゴ
 

 スモールトーク雑記


■ケンタッキーフライドチキン 2010.8.22

 月1回、会社帰りに、
ケンタッキーフライドチキンを買って帰る。
大人用に、レッドホットチキン×7、
子供用に 、カーネルクリスピー×2、
しめて、2100円ナリ。
月に一度のゴージャスなディナーだ。

 お気に入りは、レッドホットチキン。
辛くて、スパイシー、
そして、
肉汁したたる揚げたてが、
たまらなくジューシー。
ところが、
僕は腸が弱いので、
刺激物を食べると、必ず腹痛をおこす。
それでも、
レッドホットチキンはやめられない。

 ある夏の夜のこと。
休日出勤を終え、
ケンタッキーフライドチキンに立ち寄った。
無骨なマイクに向かって、
「レッドホットチキン7つと、カーネルクリスピー2つ」

「ありがとうございます。
今、 夏のチキン祭パックやってますけど、いかがですか?」
「いらない」

「ひとくちケンタッキーが出ましたが、いかがですか?」
「いらん」

 だんだん機嫌が悪くなってきた。
あげく、
「レッドホットチキンは3つなら、今すぐお出しできるのですが、
7つだと、10分お待ちいだだくことになりますが ・・・」

 ということで、
ドライブスルーの列から離れ、
駐車場で待たされることに。
クルマのエンジンを切り、窓を開ける。
暑いぃ〜、今年の暑さは異常だ。
ふと、顔を上げると、
不思議な光景が飛び込んできた。

 薄暗い町通りの中で、
ケッタキーの店だけがポッカリ浮かび上がっている。
店の前には、
カーネル・サンダースがぽつん。
トレードマークの白いスーツ、蝶ネクタイ、黒ぶちメガネ、
それにくわえ、今宵は、
真っ赤なハッピまで着せられている。
風が強く、ハッピがパタパタなびくが、
カーネル・サンダースは身動き一つしない。

 なるほど、
カーネル・サンダースは死した後も、
こうやって、ケッタキーの店を守っているんだ。
なぜか、感動した。

 カーネル・サンダースは、
言わずと知れたケンタッキーフライドチキンの創業者だ。
じつは、僕は、
この人物を昔から尊敬していた。

 学生時代、何かで読んだ話 ・・・

 カーネル・サンダースは、
子供の頃から、
料理に並々ならぬ才能をしめした。
その天賦の才が、
彼の人生を切り拓き、
世界初のフランチャイズ「ケンタッキーフライドチキン」を生みだしたのだ。

 古き良き時代のアメリカンドリーム。
今の「おゆとり様」世代なら、
歯牙にもかけないだろうが、
貧しい時代の僕には、
まぶしく見えた。

 ところで、
あの話は本当だったのだろうか?
帰ってすぐに、
日本ケンタッキーフライドチキンのウェブサイトを調べてみた。
それによると ・・・

 カーネル・サンダース、
本名ハーランド・サンダースは、
1890年、インディアナ州ヘンリービルで生まれた。
早くに父を亡くした彼は、
母を助けて6才で料理を始めた。
そして、7才のとき、
彼が焼いたパンが弟妹と母に大喜びされた。
このときの嬉しさを、カーネルは生涯語り続け、
その感動が、
「おいしいもので人を幸せにしたい」
というケンタッキーフライドチキン(KFC)の理念へと受け継がれた。

 いい話だ。
歳をとると、
こういう話にウルウルする。

 その後、カーネル・サンダースは、
家計を助けるため、
10才で働きに出る。
40をこえる仕事を経て、
30才後半にガソリンスタンドをはじめた。
ところが、大恐慌で破産。
それでも、彼はあきらめなかった。

 1930年6月、
カーネル・サンダースは、
ガソリンスタンドのそばに、
6席しかない小さなレストランをはじめた。
その目玉となったのが、
あのフライドチキンだった。
この店は大評判になり、
店は大繁盛した。
ところが、
火事が起こったり、
新しいハイウエーができて、人の流れが変わったり、
苦難は続いた。

 そして、1939年、
カーネル・サンダースは試行錯誤の末に、
フライドチキンのオリジナル・レシピを完成させる。
それから70年たった今も、
このレシピは、
守られているという。

 やっぱり、あの話は本当だったのだ!
そのとき、
ハッピ姿のカーネル・サンダースが脳裏をよぎった。
身動きひとつせず、
何も語らず、
カーネル・サンダースは今も、
店と秘密のレシピを守っているのだ。


by R.B


次へ目次


ベネディクト/地球歴史館 トップ